日本企業

インドのコミック市場に向けられた熱い眼差し – 日本の出版社がマンガを売り込み

ディズニーや日本のマンガのようなグローバルプレイヤーが、巨万の富をもたらすインドのコミックブック市場に熱い視線を注いでいます。グローバルプレイヤーの数社が、すでにデリーの主要出版社に接触したとの情報も。

そんな主要出版社の一つが、ダイヤモンド・コミックス。多くのインド人が、子どもの頃に触れたチャチャ・チョードリーやビローといったキャラクターを思い出す、インドを代表するコミックブックの出版社です。

続きを読む

ハイデラバードの私立小学校が日本のデジタル教材を導入、学力とライフスキルの向上に期待

対話型のデジタル教材「すらら」を提供する株式会社すららネットの海外向け教材が、ハイデラバードの私立小学校で採用され、7月から運用が始まります。

今回、導入される教材は、基礎計算に特化したオンラインクラウド型学習教材「Surala Ninja!」。事前に行われたトライアル授業で、中低学力の生徒の成績向上が定量的に確認されたため、算数の授業の一貫として運用にいたりました。

続きを読む

ソフトバンクが得たフリップカートの売却益は15億米ドル?!

「ソフトバンクはフリップカート株を売却するのか?」この2週間ほど注目を集めていた話題に終止符が。

ソフトバンクは、同社が保有するインドのEC大手フリップカートの株式を売却することを公式に発表しました。ソフトバンクは、フリップカートの株式総数の20%以上を保有しており、ウォルマートへの売却額は40億米ドルにのぼると推定されています。

続きを読む

リクルートがインドのフィンテックスタートアップへ出資

株式会社リクルートが、投資子会社である合同会社RSP India Fundを通じて、インドの企業間決済プラットフォームを提供するOpen Financial Technologies Pvt. Ltd. への出資を実施したと発表しました。

Open Financial Technologies Pvt. Ltd. (オープンフィナンシャルテクノロジーズ)はベンガルールに本社を置くフィンテックスタートアップ。同社が提供する企業間決済プラットフォーム「Open」は、銀行と提携して企業間の決済を効率化する中小企業向けバンキングサービスです。インドのスタートアップ企業数は世界第3位までに上昇しており、リクルートは今回の出資を通じ、Openとともに同サービスの拡大に取り組んでいくとしています。

続きを読む

ユニクロが2019年秋、インドに初出店

ユニクロが2019年秋、南アジア地域への進出の第一歩として、デリーにインド1号店をオープンすると発表しました。インドでの初出店に備え、現地で採用活動を間も無く開始します。

続きを読む

ホンダ、インドで新型コンパクトセダンの生産を開始

ホンダのインド法人、ホンダカーズ インディアがインド国内で新型コンパクトセダン「アメイズ」の生産を開始しました。「アメイズ」は2月にデリーで開催されたオートエクスポ2018で発表された新型のコンパクトカーで、5月16日に開催されるイベントにて販売価格が公式発表される見通しです。20,000台限定で早期納車・特別価格の先行予約販売も開始されています。

続きを読む