食品

大手スパイスメーカー パッケージングに7500万ルピーを投資

ゴマやスパイス商品の販売、輸出を行っている大手Fazlani Exportsは7500万ルピーを商品パッケージを行う施設に投資すると発表した。

2013年の売り上げの90%はレトルト食品だったため、パッケージング部門への投資を踏み切った様子。パッケージングから商品が棚に並ぶまで全ての工程に問題が無いかがモニタリングされる予定だ。

続きを読む

チョコレート価格高騰する可能性

インド人は甘いものが大好き。中でもチョコレートは大人気だ。特に祭日にはチョコレートを使ったお菓子などを贈りあう習慣があるので、お祝いシーズンはチョコレートの売れ行きが高い。しかし原材料であるカカオの価格が高騰しているため、チョコレートも今後高くなっていくと予想されている。理由は様々だが中でも影響が大きいのはエボラ出血熱。

続きを読む

余分なカロリーを給食として寄付するプログラムが発足

インド最大の砂糖代用甘味料メーカーのSugar Freeが、インドでの給食プログラムを運営しているNGO団体のAkshaya Patra Foundationがコラボレーションし新しいキャンペーンを立ち上げた。

キャンペーンは”Donate Your Calories to help nourish children”というもので、「カロリーで子ども達に栄養を寄付しよう」という意味。

続きを読む

冷凍食品の宅配サービスが開始

インドの大手冷凍食品メーカーWestCoast Groupはニューデリーで新たに冷凍食品の宅配サービスfrozone.inを開始した。

自社ブランド商品のみならず、バスキン・ロビンズやその他有名な冷凍ブランド商品を宅配している。注文を受けた商品は受取が完了するまで-18℃の環境で保存、配送されることが保障されている。

続きを読む

大手冷蔵/冷凍機メーカーが新製品を発表

今年で4回目を迎えるアイスクリームの展示会であるIndian Ice-Cream Congress and Expoで様々な新製品を発表し会場を沸かせた。
業務用冷蔵/冷凍庫を販売しているElanproのanjay Jain社長はアイスクリームの消費量が上がっていることから、「インド人は甘いものが好きなので、アイスクリームは最も人気のデザート。今後の市場拡大に向けて準備はできている。」と語った。

続きを読む

天候不順で野菜の価格が高騰

雨期の雨不足で野菜の価格が高騰している。今年5月から7月の2ヶ月で野菜の卸売り価格が41%も上昇した。特に価格を押し上げているのはナス(上昇率60%)、タマネギ(58%)、オクラ(56%)などだ。インフレ抑制策を推し進めるモディ政権は5月の発足以降、食品インフレ率の抑制に成功してきただけに天候不順による野菜の価格上昇は頭の痛い問題のようだ。

厳しすぎる食品輸入規定で今なお続く品不足

以前、「行き過ぎた「食の安全」が招いた茶番劇」という記事で掲載したが、インド食品安全基準局(FSSAI)の行き過ぎた安全管理によって輸入食品が品不足に陥っている。インド西部のプネだけで450品目以上が品切れの状態で、イタリアンや日本食レストランは窮地に追い込まれている。輸入できない要因は、FSSAIが定めた厳しすぎる輸入食品に関する規定だ。

続きを読む