外食

インドのビールカフェが店舗数拡大予定

インドのビールカフェチェーン「The Beer Cafe」は今後2年で新しく75店舗オープンすると発表した。The Beer Cafeは現在デリーやムンバイ等の主要都市に全25店舗ある。100店舗を目指して今回75店舗オープンする目標を立てた。

続きを読む

インドのままごと

アジア料理を提供するチェーンレストラン「Mamagoto」が新しくMamabunというサブサンドイッチメニューを発表した。Mamagotoの店名は日本語の「ままごと」からきており、子どもがままごとを通じて食を学ぶように、インド人に楽しく日本、中国、タイなどの食を知ってもらいたいという思いで名前が付けられている。
具は豆腐、豚肉、玉ねぎ、ズッキーニ、マトン、チキン、エビ等を使い、様々な種類が提供されるとのこと。

外食産業で頭角を現すファストフード店

インドの外食産業はこれまでになく盛り上がっている。その中でも成長著しいのがファストフードチェーンだ。
業界を牽引しているのは、マクドナルド、ピザハット、KFC、Cafe Coffe Day、ドミノの5ブランド。 また、ダンキンドーナッツやTaco Bell、バーガーキングなど新たなファストフードチェーンも商品力、価格競争力、流通、プロモーションに工夫を凝らし続々と参入してきている。

続きを読む

ピザハットが米商品を投入

ピザハットが米を主食とする消費者向けにビリヤニ(インド風混ぜご飯)「Birizza(ビリッツァ)」を投入した。南部に多いといわれる米食の消費者を取り込む狙いで、野菜(99ルピー)、チーズ(129ルピー)、チキン(149ルピー)を展開する。

カジュアル菜食レストランオープン

昨今のヘルシー志向を背景に、菜食のヘルシーな食事を中心としたカジュアルなベジタリアンレストランSattviko(サットヴィコ)がデリーにオープンした。

ドミノ・ピザがおもちゃ付きピザを発売

インド国内で700店を展開するドミノ・ピザは、マクドナルドのハッピーミールに対抗し子ども向けのおもちゃ付きピザ「ジュニア ジョイボックス」の発売予定。価格はハッピーミールの99ルピー以下を想定している。
img37.jpg