外食

レストランの食事を宅配できるSwiggyがプネに進出

バンガロールを本拠地とするオンライン飲食宅配サービスSwiggyはサービス提供地域をムンバイに次ぎプネにも広げた。

現在ムンバイ、チェンナイ、プネ等を含む12の都市でサービス展開をしており、運営はバンガロール、グルガオン、デリー、ハイデラバードで行っている。

コンセプトは近所にある一番のレストランから食事を宅配するというもの。

続きを読む

マクドナルドがインド国内で2位を目指す

ファストフードチェーン店のマクドナルドは今後インドのファストフード業界2位を目指していくと発表した。

マクドナルドはインド国内に375店舗を構えている。

現在大手プレイヤーはスターバックス、Cafe Coffee Day、Costa Coffeeなどで、トップを走るCafe Coffee Dayに続いてのポジションを目指している。今後は、ファストフードとしてだけではなく、McCafeブランドを通してカフェ業界としても上を目指していくとのことだ。

続きを読む

大手飲食小売会社がカフェブランドを発表

大手飲食小売会社のLite Bite Foodsは新しくThe Artful Bakerというケーキやパンを取り扱うカフェをオープンすることを発表した。

カフェの発表に伴って8月2日までデリーの大型ショッピングセンターSelect City Mallでポップアップストアが出店されている。

続きを読む

安くて提供の早いレストランチェーン ビジネス拡大を狙う

ムンバイのレストランチェーンGoli Vada Pavは今後5年間で店舗数を1000店舗増やす目標を持っていることを発表した。Goli Vada Pavはインドテイストのバーガーを多く扱っており、注文から受取のスピードを売りにしている。2004年にオープンし、現在ではインド19の州に渡って320店舗を経営している。

続きを読む

レストラン検索サイトZomatoが始めた意外な新サービス3つ

インド版「食べログ」的存在の『Zomato』がレストラン検索サイトの枠を越えた新しいサービスを続々と展開し、注目を集めている。

1つ目は、スマホで簡単にタクシーの配車ができる「Uber」とタイアップしたサービスで、Zomatoのアプリからレストランにタクシーを呼ぶことができるようになった。(Uberについては、インドの歩き方 大都市の移動はスマホで配車ができる「Uber」が便利で紹介しているので、こちらもぜひ。)

続きを読む

Subwayサンドイッチ 2020年までに2000店舗オープンを目標

サンドイッチファストフードブランドSubwayは今後5年間でインド国内の店舗数を2,000店舗に増やすことを目標にしていると発表した。

Subwayは2001年にニューデリーで1店舗目をオープンさせ、現在ではインド全体で500店舗を超えている。14年間で約500店舗なのに対し、5年間で更に1500店舗ほど増やすことを目標にしているところをみると、経営が順調であることが見受けられる。

続きを読む

ピザチェーン店が年内に50店舗を新設の予定

オーストラリアのピザチェーン店Eagle Boysは年末までに新たに50店舗をオープンさせると発表した。

Eagle Boysは2012年にインドに進出し、現在合計で14店舗をムンバイ、プネ、ハイデラバードなどに構えている。店舗はすべてインドの大手フランチャイズ企業Krsna Foodsにより経営されている。

現在デリー、チェンナイ、コルカタ、バンガロールなどで店舗の準備が始まっている。

続きを読む