企業

従業員のインディアンドリームがかなうとき

ビジネスの成功で莫大な富を築くのは創業者の特権と思われていたが、時代は少々変わってきたようだ。2007年に創業したオンラインストアFlipkartの従業員400人が持ち株制度でCrorepati(クロールパティ)になったそうだ。
クロールはヒンディ語 で1,000万を意味する単位で、クロールパティとは1,000万ルピー(約1,700万円)を手にした者のことをいう。
インド国立応用経済研究所(NCAER)は世帯年収20万〜100万ルピーを中間層としており、1,000万ルピーはかなりの金額だ。

続きを読む

「Costa Cofee(コスタコーヒー)」とは

Costa Coffeはイギリスのコーヒーチェーンでスターバックスコーヒーに続いて世界第2の規模を誇る。インドでは、インド企業が運営するフランチャイズチェーンとして2005年9月にオープンした。2014年1月現在119店を展開しており、2015年度中に300店を目指している。

「DLF Emporio Mall」とは

デリーのヴァサント・クンジあるインド随一の高級ショッピングモール。家賃が1平方フィートあたり900~1,000ルピーと高額でインド一家賃の高いモールとしても知られる。ボッテガヴェネタ、ディオール、グッチ、ルイヴィトンなど世界のトップブランドが出店している。

「Fabindia」(ファブインディア)社とは

インド各地の職人が手作りした衣料品、ファッション雑貨、織物、エスニック製品を小売するチェーンストア。1960年にファッション雑貨の輸出業として設立。1976年から国内で小売を開始。2008年に年商6,500万ドル(前年比30%増)に達し急成長を遂げている。製品はインドの農村部の職人の手で作られ、農村の雇用維持に一役買っている。
http://www.fabindia.com/

「Starfish Kids Salon」(スターフィッシュ キッズサロン)とは

ムンバイにオープンした2歳~12歳の子ども向けヘアサロン。子どもの安全や衛生面に配慮した設備とヘアカット中も飽きさせないおもちゃや本などのエンタ―テイメントを用意。子どもの施術中に母親がシャンプー、ヘアマッサージ、ブロー、ネイル等を受けられるスペースも併設。
http://www.starfishkidssalons.com/

「Future Group」(フューチャーグループ)とは

インドの大手企業。本社はムンバイ。ディスカウントストア、食料品店、コンビニエンスストア、ハイパーマーケット等の小売業や金融業、サービス業など多核的にビジネスを展開している。

「Foodhall(フードホール)」とは

インド大手企業フューチャーグループが経営する高級スーパーマーケット。
高品質かつバラエティーに富んだ、世界各国の輸入食材の販売を行っており、都市部の富裕層~アッパーミドル層に人気が高い。インド全国に店舗展開している。