ライフスタイル

世界トイレの日

「世界トイレの日」をご存じだろうか。

なんと毎年11月19日は「世界トイレの日」であることを国連が定めている。

実はトイレが当たり前に使えているのは世界の人口の2/3のみ。その他の人たちはバケツをトイレにしたり、野外で用を足しているのだ。

続きを読む

インドで生活するといくらかかるの?【食費編】

NUMBEO.comが行ったアンケート調査から、インドの食費に関する結果をご紹介。

こちらは、食料品11品目の価格の全国平均とデリー、ムンバイ、チェンナイの都市別平均。都市ごとに価格の高低はあれど、大都市だけに全国平均よりは高い。日本と比較してみると、賃金水準の差を差し引いても白米や白パンの価格が低いことに驚かされる。

続きを読む

ハーブの女王Tulsiの10の効用

アーユルヴェーダに欠かせないハーブTulsi(和名:カミメボウキ/英名:ホーリーバジル)。漢方やハーブティー、料理にも使用されるハーブの女王だ。

葉だけではなく花にも病気等に効果的だと言われている。

今回はこのTulsiがもたらす10の効果を紹介していきたい。

続きを読む

不倫は不道徳?

ムンバイとプネーで販売されている新聞mid-dayを見ていたところ、なかなか衝撃的な記事を発見したので紹介しようと思う。記事のタイトルは

「ムンバイの人々が不倫を対処するか」

もうタイトルの時点で不倫前提になっている。調査は男性3,263人、女性2,564人に向けて行った方で、いずれも8割以上の人が既婚者で、既婚者のうち8~9割の人がお見合い結婚。

続きを読む

インドには四季ではなく六季ある

日本の四季は世界的にも有名で、ほとんどの地域ではっきりと春夏秋冬を味わえる。

しかしインドのヒンドゥ暦にはなんと6つの季節が存在する。インドは基本的に暑いだけのイメージが強いが、北部に行けば雪も降るので、あの広い土地を考えると様々な季節があるのは十分にありえる。

というわけでさっそく詳しく調べてみた。

続きを読む

若者の図書館離れ

多くの国の図書館が若者の図書館離れで苦しんでいる中、インドも同様の苦しみを抱えている。国立図書館の図書館司書Laxman Lal氏は、「研究やテスト勉強のためにやってくる学生はいるものの、古典小説や一般の読み物を求めてやってくる利用者は少ない。少しでも使用者数を維持するために学問的な書物を取りそろえることに専念するしかない」と語っている。

続きを読む

不在着信10回で逮捕!?

今後インド北東部に位置するビハール地区では今後女性に対して、不在着信を残しすぎると逮捕される恐れがある。
電話しただけで・・・?と思うかもしれないが、実はこのところ執拗に若い女性の携帯電話に不在着信を残し、女性を不安な気持ちにさせるストーカー行為が深刻化している。

続きを読む

様々な数字で見る中間層

「中間層」とはどのような人々をさすのだろうか?
インド国立応用研究所(NCAER)は世帯年収20万〜100万ルピーを中間層と定義しているが、世帯年収に関してもう一つ興味深い研究結果を発表している。

続きを読む