ライフスタイル

インド人が第一印象で行きたいと思う日本の観光スポット

前回行ったインド人に向けてのアンケート第2弾。

今回は写真だけを見て第一印象で行ってみたいと思う場所を聞いてみることにした。

第1弾同様クールジャパン・フェスティバルの来場客にアンケートを実施した。今回は70名の方にご協力いただいた。

「この中で行ってみたい日本のスポットはどこですか?」

img224.jpg
(クリックで拡大)
続きを読む

快挙!? 12億人が話すヒンディー語が世界一の言語に

インドのある銀行の調査によると、世界中のヒンディー語話者が12億人を超え、ヒンディー語が中国標準語を抜いて世界で最も話されている言語になったそうだ。

これはインド南部のマンガロールに本店を置くコーポレーション銀行が行った調査で、ヒンディー語話者は世界中に12億740万人、一方の中国標準語語話者は10億5千万人だったという。

世界の人口はおよそ70億人なので、世界の6人に1人がヒンディー語を話していることになる。

実生活ですぐに役立つ!ヒンディー語辞書「和印」創刊

実践で役立つ日本語 – ヒンディー語辞書「和印」の第一版が創刊された。

「和印」は通常の辞書とは異なり、単語集と文例集で構成されていてインド生活ですぐに必要な単語、文例にフォーカスされているのが特徴だ。例えば、単語集は「果物・野菜・豆」から始まり「調味」(スパイス)と続く。

続きを読む

納得のおもしろインド英語5つ

どんなに英語に自信のある人でも、初めてのインド人との会話では言葉の壁を感じることがあるそうだ。

原因はインド英語独特の発音だと思っていたが、どうやらヒンディー語やインド人の思考回路に由来する独特の言い回しも元凶だったらしい。今回は、理由を聞けば納得のインド英語を5つご紹介したい。

続きを読む

日本でもインドでも『「ヘルシーで美味しいものが食べたい」に応える』に商機あり

インドの若者の間で、お肉の量を減らしたり、ベジタリアンへ転向したりする人が増えている。

中間層や富裕層の間でブームになっている健康志向への高まりは、緑茶の需要増を経て、新たな局面に入ったようだ。

一説には、肉や魚介類を食べるノンベジタリアンから菜食(ベジタリアン)へ転向した割合が、数年前と比べて3割以上増えたといわれており、この傾向はしばらく続くものとみられている。

続きを読む

インドで生活するといくらかかるの?【住まい編】

インドで生活するといくらかかるのか。食費編に続き、住まいについてご紹介したい。

Global Property Guideの調査によると、インド都心部の平米当たりの住宅価格は約134万円とアジア11都市では香港、シンガポールに次いで高く、日本よりも高い。デリーやムンバイなど、大都市の住宅価格は意外と高いのだ。
続きを読む