エンターテインメント

インドの料理コンテスト番組 テーマはベジ料理

インドで有名な料理コンテスト番組”MasterChef India”は来期より第4期目に突入する。4シーズン目の料理のテーマは「ベジタリアン」に決定した。

Master Chef Indiaの参加者はまずインド全土で行われる料理の「オーディション」を受け、勝ち残った50名が番組に参加することができる。参加者は様々な料理の課題を潜り抜け、自分の料理番組や料理本、多額の賞金を懸けて優勝を目指す。

続きを読む

インドで作られたゲームアプリで遊んでみた①

ネットやスマホ市場や急速に成長しているインド。もちろんゲームを楽しむ人口も増えている。ただ、あまりインドで作られたゲームを聞いたことがない。単に日本にはあまり入ってこない情報なのかもしれないが、例えば世界のどこへいっても「マリオ」は通じる。しかし「インド」と聞いて紐付くゲームがない。

そこで、早速インドで開発されたゲームアプリを遊んでみることにした。

続きを読む

可愛すぎる○○○

可愛すぎる海女さん、可愛すぎるスポーツ選手、美人すぎる議員・・・。一時ブームとなり色んな「可愛すぎる/美人すぎる」女性が紹介された。可愛い女性は皆大好きだ。それはインド人も然り。最近インドで「可愛すぎる警察訓練生」が話題となっている。「彼女になら逮捕されてもいい!(むしろされたい!)」とのコメントも・・・。そんなインド人男性が是非逮捕されたいと思う女性がこちら。

続きを読む

インド映画「めぐり逢わせのお弁当」

先日、「めぐり逢わせのお弁当」という映画を観てきた。インドにはダッバワラーというお弁当配達屋さんがおり、自宅からお弁当を受け取り学校や職場へお弁当を配達してくれる。配達はかなり正確だが、この映画はまれである誤配送から人が繋がるというもの。

続きを読む

僕の靴は日本製

先日こんな画像を発見した。

img91.jpg

「インド人から見た世界」
少しシニカルな部分もあるが面白い。ざっくりと国がピックアップされている中に日本があったので見てみると、“Raj Kapoor buys shoes from here.”(ラージ・カプールはここで靴を買う)

続きを読む

巨大なインド映画産業「ボリウッド」

インドの映画産業は、年間1,200本以上もの作品が制作される世界で最も大きいエンタ―テイメント市場だ。
FICCI(インド商工会議所連合会)のレポートによると現在の市場規模は150億ドルで2017年には276億ドルに成長すると予測されている。これは年間15%の高成長だ。国内での成長はもちろんのこと、海外市場の獲得も戦略的に行われている。

続きを読む

「歌って」「踊って」「楽しい」だけじゃない。インド映画『マダム・イン・ニューヨーク』

6月28日(土)からシネスイッチ銀座などでインド映画『マダム・イン・ニューヨーク』が上映される。
この作品は2012年にインドで上映され、ボリウッドの映画賞を総なめにした超話題作。先日、九段下のインド大使館での行われた試写会に行ってきたので映画の感想を少々。

続きを読む

インドの音楽シーンにインド経済を見る?

img23.jpg
少し前の話だが、2011-2012年に11億円をかけて制作されたDesi Boyzというコメディドラマが大ヒットした。
ドラマのヒットと共に街中のいたるところで流れていたボリウッドソングが
『Subha Hone Na De』だ。
このアッパーなテンポといい、PVから漂うなんともいえないバブル感が当時のイケイケムードをものがたっているような気がしてならない。