インスタント・レトルト食品 vs 宅配・デリバリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インドのインスタント・レトルト食品の市場規模はおおよそ70~80億ルピー(約118~134億円)で、毎年15~20%ずつ大きくなっている成長産業だ。しかし、そんなインスタント・レトルト食品市場を食いにかかっているのが宅配・デリバリー市場だ。

ライフスタイルの変化、可処分所得の増加、女性の社会進出などがすすみ、家庭での食事が大きく変わってきている。
このような変化を背景に、インスタント・レトルト食品市場が急成長を遂げてきたが、この数年で街中のあらゆるレストランが宅配サービスを始め状況は一変した。宅配・デリバリーはすでに消費者に浸透しており、その市場規模は100億ルピー(約170億円)を超えている。5年後には、600億ルピー(約1,000億円)規模にまで成長するとみられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。