デリーへ生鮮食品の宅配が可能に JALと日本郵船が連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JALと日本郵便が、本日3月29日よりインド・デリー宛ての「クールEMS」の取り扱いを開始すると発表しました。

クールEMSとは海外向け小口保冷宅配で、引き受けから配達までの72~80時間程度、冷蔵および冷凍の一定温度で輸送できる専用の保冷容器・保冷剤を活用して、海外向けに生鮮食品などを送るサービスです。事前に申し込みをすれば、個人・法人を問わず利用可能です。

近年、日本からインドへの企業投資は増加しており、日系企業関係の日本人駐在員と帯同家族数も増加傾向にあります。しかし、食文化の全く異なるインド。現地では日本の食品や生鮮食品の入手が容易ではありません。

このサービスにより、日本から生鮮食品などを直接デリーへ送ることができるようになります。JALは、「このクールEMSにより現地に駐在する日本人の方々のより快適な食生活を実現するとともに、インド国内における日本食の普及を図ってまいります。」としています。

クールEMSの受け取りはデリー国際郵便局にて。

インド・デリー宛てのクールEMS料金・詳細については、以下のWebサイトを参照ください。
日本郵便ホームページ クールEMS http://www.post.japanpost.jp/int/ems/cool/index.html

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*