IKEAついにハイデラバードに土地を購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最初にインドへのIKEA進出の可能性を紹介してから早1年。

やっと進出実現に向けた一歩が見られた。

ついにハイデラバードのITが盛んな地域に約5.3ヘクタールの土地を購入したと発表されている。

そして2020年のオープン(!)に向けて必要ソースを2倍にしていくとされている。

テランガナ州のK.T. Rama RaoIT大臣と工部省のJupally Krishna Rao大臣を含む政府関係者とIKEA IndiaのCEO Juvencio Maeztu氏の面談後、土地の契約を行ったとされている。

IKEAによれはこの面談は今後のインド国内のビジネス拡大に置いて重要なもので、長期的な計画ではバンガロール、ムンバイ、デリーなどを含む地域で25店舗開店することを目標としているとされている。

Maeztu氏はインドがIKEAにとって多くの可能性を秘めた市場であることを示しており、購入しやすい価格帯の家具をIKEAならではのショッピング体験を通して提供したいとしている。

店舗は約1億ドル(約120億円)が投資されるとされており、多くの雇用を生むと期待されている。

テランガナ州の主任の大臣K Chandrashekar Rao大臣は「IKEAのインド初店舗がハイデラバードに決まったのは大変誇らしいことだ。政府としてIKEAの州内での更なる展開をサポートしていきたい」とコメントした。

昨年オープンすると発表されたあと、やはり2017年に延期になる?と再度発表され、土地をついに契約した!と発表しながらもさりげなく2020年にさらに延期されているあたりが何ともインドらしい。

今後の動きも見守っていきたいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。