安くて提供の早いレストランチェーン ビジネス拡大を狙う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ムンバイのレストランチェーンGoli Vada Pavは今後5年間で店舗数を1000店舗増やす目標を持っていることを発表した。Goli Vada Pavはインドテイストのバーガーを多く扱っており、注文から受取のスピードを売りにしている。2004年にオープンし、現在ではインド19の州に渡って320店舗を経営している。

CEOのVenkatesh Iyer氏は「我々のビジネスモデルはフランチャイズモデル。むしろお客様が我々とビジネスをすることを望んでいる。実は店舗の多くはこれまでのお客様によりフランチャイズ経営されている」と語っており、今後も積極的にフランチャイズ経営を行っていくことを明確にした。

さらに「インドのような人口の多い国では、価格が手軽であるということと提供が早いというのは素晴らしいコンビネーションとなる。Goli Vada Pavはこのインドの莫大な人口に対しこれまで培ったインド人の味の好みなどの知識でアプローチすることができる」と展望を話している。

2015年度の売り上げは約5億ルピー(約10億円)だったが、年々30%増加していくことが想定されており、1000店舗オープンする段階では35億ルピー(約68億円)を目指しているとのこと。

このところこうした手軽な食事を提供するチェーン店が積極的に店舗数を拡大する傾向がよくみられる。景気の良さと同時にモダンなライフスタイルへの変化も感じられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。