香り付きシューズ ついに店舗販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タイトルだけを見ると「大丈夫なのか・・・」と不安になる商品だが、デリーのブランドScentraがこれまでオンラインで販売してきた商品。

靴本体にイチゴの香りが付けられている。それを知るとますます不安を感じるが、売れ行きは悪くないようだ。

むしろ1年間ネット上でテストマーケティングを行った結果、今回の店舗販売に至ったという。

このブランドは2014年10月に発表され、自社ウェブサイトやアマゾンなどの通販サイトで商品を販売してきた。靴自体はカリフォルニアでデザインされ、スペインで製造されている。

Scentraの創設者Karan Vij氏は今年中に10店舗オープンさせることを予定しており、靴だけではなくバッグなどの雑貨にもビジネスを広げることを目標としている。店舗はデリー、プネ、チャンディーガル、ムンバイなどに設置される予定。

また、靴の種類も現在の40種類から100種類に増やしたいとVij氏は語っている。

現在Scentraでは1,500ルピー(約2,900円)から2,700ルピー(約5,200円)までのメンズ、レディス、キッズの靴を販売している。

Scentraの靴は香りが良いだけではなく、カジュアルにもフォーマルにも合わせやすいデザインでコットン100%で出来ていることも売りにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。