コーセーがスキンケアブランドSpawakeでインドに進出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

化粧品メーカーのコーセーはインド市場への参入をすることを発表した。

インド支店KOSE Corporation India Pvt Ltd.を立ち上げ、スキンケアブランドSpawakeとして商品を販売していくこととなった。

単に既存の日本製品を輸出するのではなく、インドの文化や市場に合わせた商品を開発し、製造から流通まですべてインド国内で行われる予定。Spawake商品は7種類の展開になるとされており、デリーの都心部やオンラインで販売を行うとされている。

今回の商品開発にいたるまで何年ものマーケティングや技術開発が行われてきたという。全ての商品に日本のテイストを残し日本の昆布から抽出した成分と塩が使われている。都会で生活する女性を紫外線や、乾燥、環境によるダメージから守る商品だ。

メインターゲットは都会(特にデリー)に住む20代から30代の女性で、スパでの施術を受けた直後のような肌がコンセプトとなっている。

価格は69ルピー(約140円)から249ルピー(約500円)で保湿と美白の2つのラインで商品が販売されることになっている。各ライン2種類の洗顔、4種類の保湿商品、1種類のクリームフェイスパックが展開される。

Spawake商品は120の小売り店で販売され、3か月間でその店舗数を300にまで増やしていく予定。オンラインではeコマースサイト myntra.comで購入できるとのこと。

コーセーにとってインドは26か国目の市場で、中国に次ぐ大きな可能性を持った市場になると見込まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。