インドワインメーカー 新赤ワイン商品を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前も紹介したインドのワインメーカーPause Winesは新しい赤ワイン商品の販売を開始した。

商品はジンファンデル(プリミティーヴォとも呼ばれる)品種を使われており、赤ワイン用のぶどう品種。12℃から15℃が一番良い味わいだという。

会長のRajesh Patil氏は「涼しく雨の多い時期ほどヴィンテージワインとジンファンデルワインを作るのに適しているときはない。初心者にも飲みやすく、リラックスできる空間でこの美しいモンスーンの季節を楽しみながら味わってほしい」と話している。

サイズは2種類展開されており、375mlが305ルピー(約700円)で750mlが590ルピー(約1,200円)で販売されている。

Pause Winesは自社の商品を単なるアルコール商品としてではなく、ワインが健康的で体調管理にも効果があることをアピールしてオーガニックな製法にこだわっている。また、ベジタリアンでも楽しむことができることをアピールしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。