食事宅配ブランドHello Curry 国内でのビジネス拡大を予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ハイデラバードの食事宅配サービス会社Hello Curryは国内での事業拡大を予定していると発表した。Hello Curryは手頃な価格でインド料理を宅配することを売りにした新しいブランドだ。

CEOのRaju Bhupati氏は、「現在複数の出資者からの資金を集めており、近日中に契約が完了する予定だ」と語っている。

昨年Hello CurryはSRI CapitalのSashi Reddi氏からから3,000万ルピー(約5,600万円)の初期投資を受けハイデラバードで会社を立ち上げた。立ち上げから一年間でバンガロールにも進出し、これから更に拠点を増やしていく。また、首都であるニューデリーや近隣の都心部への進出も予定しておりBhupati氏は「SRI Capitalより受けた投資で近々首都への進出を予定している。Tier-2都市への進出も検討したい。」と語った。

現在Hello Curryはハイデラバードに4つキッチンを持っており、1箇所その場で軽食をとることのできる店舗を構えている。ハイデラバードには近々もう2か所キッチンを設置する予定。

今後の経営に対しBhupati氏は「レストランはお客様に来てもらうスタイルなのに対し、我々はこちらからお客様に歩み寄りたいと考えている。」と出前サービスなりのホスピタリティ意識をアピール。また、基本的に調理は注文を受けた時のみ行い、準備したものを温めることはしないとしており、利用者がこのサービスの高さを評価しビジネスの拡大に繋がることを期待しているとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。