次世代スマートウォッチがインドに登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アップルウォッチが販売されてから、スマートウォッチは世界中で注目されている。
その機能性などは高く評価されているが、あまり語られていないのが電池の保ち。
アップルウォッチは連続利用は約18時間で、アップルウォッチほどの機能はないが人気が高まっているPebbleは約1週間もつと言われている。
しかし時計メーカーVectorは新たに30日間電池がもつスマートウォッチを開発し、これを「次世代スマートウォッチ」と謳っている。
img243.jpg


単に電池が長持ちするというだけでなく機能性も高く、iOS、アンドロイド、ウィンドウズとの互換性を持っており、同期することができるのだ。
また、これまでのスマートウォッチの近代的ガジェットのような見た目とは違い、シックな時計のようなデザインとなっている。
他社製品との差別化をデザインでも図っているようだ。
価格は夏あたりに発表される予定で、ホームページからはすでにプレオーダーが可能となっている。
インドでどんな評判になるのかに期待だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。