グルガオンにあるミュージカル劇場「キングダム オブ ドリームス」が想像以上におもしろい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先日、グルガオンにあるミュージカル劇場「<キングダム オブ ドリームス」へ行ってきた。

キングダム オブ ドリームスは2010年にオープンしたインド初のライブエンターテイメント施設で、ボリウッドミュージカルがほぼ毎日上演されている。訪れた2月上旬は、『Jhumroo』というヒンディー語のコメディーミュージカルが上演されていた。

言葉の心配をよそに、ストーリーは先が読めるほどに単純明快だった。

ドがつくほど音痴な主人公は、ある日「天の力」で美声を手に入れる。(この「天の力」はKishore Kumarが演じた1961年公開のインド映画『Jhumroo』だと思うのだが、真相はいかに…)

主人公は「天の力」を使いオーディション番組で次々と勝ち抜くも、審査員の一人に「天の力」の存在がばれてしまう。

結局、決勝戦で優勝したが自分の実力ではなかったことを告白し、優勝の座を譲ったところで物語は終了する。

驚かされたのは、お国柄というべきド派手&大人数のダンスとアドリブで観客をストーリーに取り込んでしまうエンターテイメント性だ。下の写真は、冒頭の派手なダンスシーン。こういう感じはインドのお家芸なのだろうか。

img239-2.jpg

オーディション番組のシーンでは、番組MC役の男女が客席へ降りてきてアドリブで観客にインタビューを始める。例えば、どこから来たのかとか、好きな曲は何かなど。

観客も最初は何が起きたのかわず戸惑い気味だが、ノリの良さそうな客が見つかると「ちょっと歌ってみて」とマイクを渡し、歌い終わると審査員役に評価を求める。

そうすると、インタビューしてほしい客も出てきて、客席でストーリーが展開される。

日本では考えられない演出だが、客席が一気に暖まる。

この番組MCは、ことあるごとに観客に意見を求めたりして、まるで客がストーリーを進めているかのように錯覚させるのもうまい。

さすがエンタメ大国だ。

劇場の隣には、お台場のヴィーナスフォートさながらのフードコート&ショッピングモールがあり、上演までの時間も飽きさせない。

デリー、グルガオンを訪れる際は、一見の価値ありだ。

img239-3.jpg
劇場に隣接するフードコート&ショッピングモール

img239-4.jpg
フードコート&ショッピングモールの入り口

Kingdom of Dreams

Great Indian Nautanki Pvt. Ltd.
Auditorium Complex, Sector 29, Gurgaon – 122001.
Haryana, India

Telephone: +91 124 – 4528000
E-Mail: info@kingdomofdreams.co.in
月曜休み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。