食料品宅配サービスアプリの対応地域拡大計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2014年11月26日からサービスを開始した食料品宅配アプリのPepperTapは今後サービス展開をさらに成長させていくと発表した。

このアプリはグルガオンに本社をおくNuvo Logistics Private Limitedによって運営されている。

PepperTapはリーズナブルな食料品を時間指定して宅配できるアプリ。半径3キロ以内の店舗から5000近い商品を選ぶことができる。

商品は食料品に限らず日用品なども含まれている。

忙しい近代のライフスタイルに合わせたサービスで時間や、移動するガス代なども節約できることを売りにしている。

PepperTapの共同開発者であるNavneet Singh氏は「PepperTapは街中に住むペースの速いライフスタイルの人々の日常的なニーズに応えることを目標にしている。今後デリー、ムンバイ、バンガロールなどを含む10都市でオンデマンドなサービスを展開していきたい」と語っている。

アプリの運営を行っているNuvoExは現在12の都市に支社を持ち、全体で約1000人の従業員がいる。サービスの展開に伴って会社の規模も拡大していく見込みだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。