インサイトインタビュー|キリンホールディングス・シンガポール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2015年2月6日〜8日にムンバイで開催された「クールジャパン・フェスティバル2015」に出展されていたキリンホールディングス・シンガポールの宮本隆之さんに、今回の出展についてインタビューをさせていただいた。

同社は東南アジア全般のKIRINを統括しており、クールジャパン・フェスティバルには今年で3回目の出展となる。

– クールジャパン・フェスティバルへの出展を決めた理由をお聞かせください。

インドではまだKIRINというブランドが知られていないので、このブランドをインドの人にも知ってもらいたいと思い、出展を決定しました。今年は3回目の出展ということもあり、今年に関しては、昨年の早い段階で決定していました。

– 次に、今回出展されている商品について教えてください。

ピーチ味のフレイバードウォーターとミルクティーを出展しています。どちらも、ベトナムの工場で作ったものです。フレイバードウォーターについては、インドではほとんど売られていない為、皆さんの反応を見ようと思い出展を決定しました。ミルクティーは、インドで飲まれているチャイがあるためにインドのお客様にはなじみがあると思っています。ベトナムの工場で作ったものですが、日本の技術をフル活用して製造しており、日本と全く同じ品質の商品になります。

– 来場者の皆さんの反応はいかがでしたか。

フレイバードウォーターがミルクティーよりも人気で驚きました。やはりインドは市場が大きいので、こちらのイベントをきっかけにインド市場への更なる理解を深めてまいりたいと思います。

– 本日はありがとうございました!

(取材:岩崎比菜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。