中国系通信端末メーカーが新スマートフォンを販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中国に本社を置く通信設備・端末メーカーのZTEがインドで低価格のスマートフォンN919Dを発売した。

価格は6,999ルピー(約14,000円)でebay.comでの通販のみで入手可能。さらに機種変更、新規契約問わず購入者には3か月間通信料が無料になるという。

手頃なコストとはいえスペックが低いわけではなく、バッテリー容量も2,500mAhもあり電池も長持ちする。画面も5インチと大きくて見やすく画像処理能力も高いとのこと。

インドでのスマートフォン普及率の向上や、それに伴ったウェブサイトやアプリケーションサービス市場の成長もあり、端末の価格戦争も激しくなっている模様。

インドの消費者はコストパフォーマンスを重視するため、単にコストを抑えるだけではなく同時にスペックも重要視しているメーカーが多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。