ラクメサロン 投票推進のキャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これまで何度か記事で取り上げているインドの化粧品メーカーラクメが運営しているビューティーサロン”Lakme Salon”は女性の選挙投票を推進するために、新たなキャンペーンを実施した。2月にデリーでは選挙が行われ本日結果の開票となる。

2月中に投票にいった証となるマークを見せると好きなヘアカットが50%オフとなる。(投票の証についてはこちらの記事をご覧ください。)

その他の施術も割引が対象となる女性にはとてもうれしいサービスとなっている。

ラクメサロンは常に新しい店舗やサービスを増やしており、インドで一番の美容サービスを提供できることを理念として運営している。

Lakme LeverのCEO Pushkaraj Shenaiしは「ユーザーに対してトレンディ―でな美容サービスを提供できるのは何よりの喜び。正しい政治選びはデリーの美しい将来へとつながる。責任の大きいブランドとしては、ユーザーも投票へ行き政治を正しい方向へと導くことを促さなければならない。」と語っている。

こうした有名ブランドなどが選挙に対して意識を高揚させるのは非常に効果的な取り組みだ。是非日本でも積極的にこうした動きがみられるようになることを期待する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。