クールジャパン・フェスティバル2015 大盛況の中閉幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2月6日(金)から2月日(日)まで開催したクールジャパン・フェスティバル2015は大盛況の中8日の夜21時に閉幕。

3日間の間にたくさんの来場者が訪れ日本の製品や文化に触れ日本を体感した。

参加した企業や団体と現地の来場客は文化交流を図る場面がたくさん見られ、食品、家電用品、日用品、漫画などが紹介されていた。

来場客はこれらの商品の説明を受けたり、サンプルを試したり、購入したりと、参加企業・団体との間に盛んなコミュニケーションが交わしていた。

ステージでは日本の人気アニメ「フェアリーテイル」の放映、インド人歌手プリヤル・サテによる日本の音楽の披露、ムンバイ日本人学校によるダンス、ムンバイ剣友会による剣道の実演、デリー和太鼓会による太鼓パフォーマンス等が行われ、観客からはどれも大歓声を浴びていた。

タッチアンドトライコーナーではおりがみ、ライブスケッチ、ボディペイント、コスプレなどが体験でき、来場客は興味津々で体験をし思い出づくりをしていた。

クールジャパン・フェスティバルは今回で4回目となり、徐々に注目や人気を集める中でリピーターの来場客も増えてきたようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。