スーパーマーケットチェーンHyper CITYが店舗を大幅に拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インドのスーパーマーケットチェーンHyper CITYが2015年の出店計画を発表した。

新CEOの就任から約半年。大手小売りチェーンの動向が注目されている。

現在のところムンバイ、ハイデラバード、バンガロール、ボパール、アムリトサル、プネ、アーメダバード、バドダラ、ジャイプールの9都市で15店舗のスーパーマーケットを運営しているHyper CITYだが、2015年中にマラド、ムンバイ、ニューデリー、ノイダ、コラプール、プネ、パンベルの8都市に合計9店舗の出店するという。

実現すれば営業店舗数50%増となり、営業強化に攻勢をかけることとなる。

ショッピングモールやオンラインショップなど新しい小売りのカタチが確立し顧客獲得競争が激しさを増しているため、Hyper CITYの動向に注目が集まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。