ボリウッド映画の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インドの文化を面白おかしく紹介するYoutuberのGeekSlayerさん。

今日本でもじわじわと話題になっているボリウッド映画の作り方をビデオで紹介している。

簡単な4ステップでボリウッド映画が作れてしまうというのだから是非ここでも紹介したい。

ステップ1:シナリオを選ぶ

ボリウッド映画は3タイプのシナリオに分類できる。

  1. 平凡な人生をおくっていた平凡な男子が絶世の美女に出会い人生バラ色に。しかし家族や世間の影響により破局してしまう。
  2. 膨大な借金を抱えているもしくは殺人を依頼されている敏腕スパイまたはアクションヒーローが華麗に敵を全滅させ、なぜかダンスまでうまく、女性にもモテモテ。そしてなんといってもものすごくクサい決め台詞を持っている。
  3. 平和に暮らしているカップルの生活に絶望的な出来事が起き、全てが悪い方向に向かい二人は一緒にいられなくなる。この手のシナリオは前半はラブコメ風で後半はスプラッタや復讐劇の嵐でなぜか奇跡的に命を落とした登場人物が生き返る。

ステップ2:主人公を選ぶ

シナリオと同じく主人公は3タイプから選べる。

  1. 愛すべきバカ。ものすごく頭が悪かったりありえないほどドジなのにもかかわらず夢だけは突き抜けている。
  2. 家族を見捨てて渡米するわがままな甘やかされたお坊ちゃん。
  3. シナリオの3番目に登場するような無敵かつ才能にあふれた人物。

ステップ3:ミュージックビデオを作る

ボリウッド映画といえば音楽とダンス。音楽無しではボリウッドと呼ぶことができない。抑えるべきポイントは:

  • 素敵なロケーションで撮影(予算がないときはクロマキーでOK)
  • クールなラップを入れる。アメリカなまりのインド人に歌わせるのが重要。

ステップ4:クサい台詞を書く

「君の瞳に乾杯」的な日常では絶対に言わないし言われない台詞がなければ面白くない。なるべくクサい決め台詞を入れて大げさにシーンを演出すると良いそう。

オマケ:

西洋設定の映画の場合は必ず西洋人が登場するのが大事。その西洋人がヒンディをしゃべるとなれば尚よし。これらのポイントを押さえればボリウッド映画監督も夢ではない!歌やダンスは別として、ある意味ボリウッドだけではないあるあるではないだろうか。ビデオの中に登場する再現シーンも非常に面白いので是非見てみてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。