インドのコンビニでコンビニ食が販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インド6都市に46店舗展開するコンビニエンスストアTwenty Four Sevenが新しくEco mealというコンビニ食の展開を開始した。

Veg Eco mealは80ルピーとリーズナブルな価格で、季節野菜、ダル(豆カレー)、チャパティ(薄いインドのパン)、バスマティライスなどがセットになっている。

Egg Eco mealは90ルピーで、たまごカレー、チャパティー、蒸したごはんがセットになっている。

ノンベジの商品もあり、様々な単品料理を100ルピーで楽しむことができるので、どんな食のスタイルにも合わせて選ぶことが可能。

デザートの展開も先週より開始している。

Twenty Four Sevenではこうした便利な食品などに加えインターナショナルな商品もたくさん取りそろえており、インドに浸透しつつあるモダンな生活のニーズに対応できるようにしている。

化粧品、雑誌、文具、薬など便利な商品約2500種類に加えて、公共料金などの支払や、コンサートのチケット予約などもでき、日本のコンビニと変わらないサービスのクオリティーだ。

今後5年間で100を超える店舗数を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。