インド国立の宝飾品貿易団体、5度目のNational Jewellery Awards を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インドの国立宝飾品貿易団体All India Gems Jewellery Trade Federation(以下:GJF)は宝飾品市場の拡大を目指し、今回で5度目となる優れた宝飾品の作品や技術を表彰するNational Jewellery Awards (以下:NJA 2015)を開催する。

表彰式は2015年2月21日にムンバイで開催される。

表彰は、小売部門(GJF会員のみ対象)、生産部門(GJF会員のみ対象)、職人部門(業界全体対象)、学生部門(宝飾品関係の専門学校などで学ぶ現役の学生対象)の4部門にわかれており、その中でさらに26のカテゴリーに分かれている。

学生部門は将来有望な若者の技術や独創力を表することでその才能を伸ばし、業界に貢献してもらうことを目的としている。表彰された生徒は150万ルピーの奨学金を受け取ることができる。

GJFの会長Haresh Soni氏は「宝飾品市場は過去5年間インドの経済成長に大きく貢献している。有能な職人やデザイナーなどが持つ素晴らしい技術によりこの業界も注目されるようになった。NJA 2015はこれまで市場の成長に貢献してきた才能、技術、創造力などを持つ人々を表することで、市場を更に拡大していければと思っている。」と語っている。

NJAの運営委員会会長のNitin Kadam氏は「NJA 2015は我々の宝飾品市場への貢献の象徴である。これまで絶え間なく努力し続けてきた宝飾品業界に属する人々を公平な判断基準で評していきたい。」と話した。

宝飾品という日常生活に必須ではないものの市場が成長しているというのは、全体の経済が成長している一つの証拠かもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。