西ベンガルのブランド香り米の輸出が本格化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インド東部の西ベンガル州特産の香り米の輸出が、本格化しそうだ。

西ベンガル州は、州特産のブランド香り米「Tulaipanji」と「Gobindabhog」を2012年のロンドンオリンピックに送ったり、今年ロンドンで開催されたフードフェスティバルで紹介するなど精力的にプロモーションを行っている。

西ベンガル州の農産物販促担当大臣は、ニューヨークやロンドン、シンガポールなどにブランド米の直販店をオープンさせるためインド商工省管轄の農産・加工食品輸出開発機構(APEDA)と協議を進めているという。

香り米は炊き上げると独特の香りがするお米で、世界的に高値で取引されている。インド産では長粒種系の「バスマティ」が有名だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。