通販で石を買う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

発展が加速化するインドの通販業界。

とても便利な反面もちろんいいことばかりではない。配達ミスや中身が破損しているということはある意味どこの国でもつきものだ。以前日本でも豪華なお節を頼んだつもりがスカスカのお節が届いたことが大問題になった。

しかし、あの時スカスカとはいえ入っていたのはお節だった。クオリティが悪かったとはいえお節を頼んで確かにお節は届いた。

先日プネ在住の男性が今やインドで知らない人はいないSnapdealという通販サービスを利用しiPhone 4Sを着払いで2台購入した。

待ちに待った商品が宅配されてきたが、なんとなくいやな予感がした男性は配達員がいるその場で支払う前に箱を開封した。

するとどうしたことだろう。大理石の塊が二つ登場

img175-2.jpg
Source:http://www.bgr.in/news/snapdeal-does-it-again-delivers-marble-stones-instead-of-an-iphone/

衝撃的すぎる。

箱に収まってすらいない。

梱包した人がどこでこの大理石の塊を入手したのかを知りたい。

男性はもちろん受け取りを拒否し、Snapdeal宛に怒りの手紙を書き配達員にも現場の目撃者として署名をさせた。

Snapdealは直ちにお詫びのメールをし「早急に原因を調べる」と述べた。

実はSnapdealのこの大胆なミスは初めてではなく、少し前にもスマホを注文したにも関わらず石鹸が入った箱が依頼主に届いてしまったことがあった。今回石が届いたしまった男性は着払いにしていたことが幸いして、返金などの面倒な手続きをせずに済んだとのこと。ただしSnapdealだけにこうしたミスがあったわけではなく他の通販サイトでもミスは相次いでいるようだ。

今回の石の被害者も以前別のサイトで新しいスニーカーを購入したところなぜが中古品が届いたことがあると語っている。

先月FlipkartでもUSBを購入した人のもとに空箱が届いたミスがあった。

しかも3度も。

しかしなぜだろう。

もしこの被害に自分が日本で遭ったとしたら憤慨すると思うが、インドで同じ状況になったら怒りより先に笑いが込み上げてくる気がする。しかもこういった時なぜか原因となっている人物は「何が間違っているのかわからない」という表情で見てくることがある。そしてわからないなりに真剣に問題を改善しようとしてくれる、望んでいる方向とは少しずれて。

同じことが日本で起きようものなら「開き直った上に適当なのか!」と怒りに油を注ぐようなものだがインドだと笑ってしまう。

実際今回の事件に関しては悪意を感じなくもない上、高額な商品の取引なので笑ってもいられないがSnapdealが調べている「原因」も是非知りたいところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。