インド音楽:切ない恋心を歌ったインド映画の挿入歌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、インド映画『Humpty Sharma Ki Dulhania』(邦題:ハンプティ・シャルマの花嫁)の挿入歌「Samjhawan」が気に入っている。

ほっこりするメロディが好みなのだが、実は「あなたは私の気持ちをわかっていないが私はあなたを待っている」という切ない恋心を歌っている。

映画は、パンジャブ地方出身のヒロイン カヴヤが自身の結婚式用の高級ドレスを買いにきたデリーで主人公 ハンプティと知り合い、恋に落ちるというストーリー。

カヴヤにはハンサムでスポーツ万能で、おまけに料理も上手い裕福な医者の婚約者がいるので、当然ながら、どこの馬の骨ともわからないハンプティとつき合うことにカヴヤの父親は猛反対。しかし、カヴヤの説得で父親はハンプティに一度だけチャンスを与えることに。それは、結婚式までの5日間にハンプティが婚約者よりも何か一つでも秀でていることを証明したら、カヴヤとの結婚を認めようというものだった。さて、どうするハンプティ。

2014年に日本でも公開された歌って踊れる上映形式「マサラ上映」で話題になってインド映画『Student of the Year』(邦題:スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1)に出演したヴァルン・ダワンとアーリヤー・バットが再度共演している。

前作以後、それぞれ評価された作品に出演しており、本作は2人の俳優としての成長も見所の一つになっているそうなのでおすすめしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。