インドで作られたゲームアプリで遊んでみた①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ネットやスマホ市場や急速に成長しているインド。もちろんゲームを楽しむ人口も増えている。ただ、あまりインドで作られたゲームを聞いたことがない。単に日本にはあまり入ってこない情報なのかもしれないが、例えば世界のどこへいっても「マリオ」は通じる。しかし「インド」と聞いて紐付くゲームがない。

そこで、早速インドで開発されたゲームアプリを遊んでみることにした。

調べると色々と出てきた。

リキシャを運転するものや、クリケットのゲームなどインドならではの設定のものが多い。

色々とみていたところ一つ目に止まった。

Fly Air India(エア・インディアを飛ばそう)

実際にエア・インディアに承認をとって開発したゲームなのかはかなり怪しいが、さっそくプレイしてみることにした。

1.png

「政治が国を滅ぼしている!」

2.png

「行動を起こそう!エア・インディアのジェット機を操作して汚職の雲を避けよう!」
政治と雲の関連性がよくわからないがひとまず開始。

3.jpg

見えないくらい雲が小さい。

進むに連れて難易度があがる設定だろうと思い、指示通り雲を避けて進んでみた。

4.gif

-5分後-

5.png

若干だが雲が大きくなった。
しかしたくさん飛んでくるわけでもないのでよけるのは簡単。
そして途中で気付いた右下にある何等かの距離メーター。
ゲージが増えたり減ったりするので何を意味するのかはいまいちわからない。

ここで切りがなさそうなので、わざと雲にぶつかってみることにした。

7.gif

そうするとダメージがたまり飛行機が墜落。

そしてゲームオーバー。

ED.jpg

「SOS!緊急着陸をしなければならなかったようです。あなたは674マイル飛びました。

実はメーターが機能していたようでいつの間にか674マイルも飛んだことになっていた。
展開のスピードにややもたつきを感じたものの、レビューの評価は3.5/5と悪くない。

ゲーム大国出身者としてはもう少し展開を期待してしまうが、こうしたわかりやすいゲームの方が今は遊んでもらいやすいのかもしれない。

次回はリキシャを操作するゲームに挑戦しようと思うので乞うご期待。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。