アルコール禁止のドライデイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インドには酒の販売が禁止されている「ドライデイ」(Dry day)なるものがある。ドライデイは州政府が決定するため、州によって日にちはまちまちだが大切な宗教祭の日に設定されていることが多い。

この日は、5つ星ホテルなどごく一部を除いて、アルコールやアルコールドリンクの販売が許されていない。特に共和国記念日(1月26日)、独立記念日(8月15日)、マハトマ・ガンディー誕生祭(10月2日)はインド全土がドライデイにあたるほか、選挙前などもドライデイとなるため注意が必要だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。